string カスタム::On_家名表示直前(int 武将番号, string 家名)

string カスタム::On_家名表示直前(int 武将番号, string 家名) {
  return "";
}
  • 引数の補足

    • 武将番号:

      表示しようとしている「家名」の大名の武将番号が渡ってくる。
      個々の武将の情報を表示する際でも、該当武将が帰属する大名の
      武将番号が渡ってくることとなる。
    • 家名:

      特に変更しなければ、この「家名」となる。
    • 返り値:

      新たな家名に変更したければ、なんらかの文字列を返す。
      最大で全角4文字まで。
  • タイミング

    • このメソッドは「家」が表示される直前のタイミングで呼び出される。
    • 具体的には、各種戦略画面や戦術画面、地図、武将画面他、非常に多くの画面にて、呼び出される。

  • 一般的用途

    • 自作のオリジナルな武将など作った場合、独自の家名にしたい場合等という目的で利用する。
  • 例①

    string カスタム::On_家名表示直前(int 武将番号, string 家名) {
        int iBushouID = 武将番号 - 1;
    
        if (0 <= iBushouID && iBushouID < 最大数::武将情報::配列数) {
            // 名字(姓)が求められている武将(原則的には大名)が、長尾景虎ならば
            // ( =今表示しようとしている武将が長尾景虎に帰属しているならば )
            if(p武将戸籍情報[iBushouID].顔番号 == 顔番号::長尾景虎) {
                return "聖将軍";
            }
        }
    
        // 変更しない場合""
        return "";
    }