ScenarioMod キット

ScenarioMod キット とは?

これは「天翔記ソフトウェア開発キット」となります。

TSModが内部で保持している膨大なAPIの一部を利用して、
天翔記の様々なパラメタを、その瞬間瞬間の状況を判定しながら書き換えたり、
新しいメッセージイベント、あるいは、特定のアルゴリズムを変更出来るSDKです。
ScenarioModは「一般MOD」ではなく、「特殊MOD」という位置づけとなります。

ダウンロード

更新日 2017/09/20
ScenarioModVer2.zip

動作環境

  • TSModの導入が前提となります。
  • Windows 7 以上
  • DLLの開発には、Visual C++ 2013 Community 以上のバージョンが必要となります。
    Visual C++ を持っておられない方は Visual C++ 2013 Communityを無料にて利用可能です。
    「Visual C++ 2013 Community」 ~ 「Visual C++ 2019 Community」でコンパイル可能です。

主に出来ること

  • 戦略画面や戦争画面の様々な値の取得や書換

    武将・軍団・大名・家宝・官位・城・地域・県・暦・戦略・戦争・
    音楽・演出・効果音・ダイアログ・環境設定

  • メッセージの変更

    元のメッセージを状況に応じて新メッセージへと振り分け
    人物関係に応じた自動語句変化用API付

  • 顔グラ変更

    ゲーム中に武将の顔グラを一時的に変更することなども自由です。

  • 音楽変更、新たなタイミングで音楽や効果音を再生

    状況に応じて13曲ではなく150曲に振り分けるなど自由。3D空間の効果音などもサポートされています。

  • 新たなタイミングで動画を再生

    状況に応じて自由なタイミングで動画を再生することが出来ます

  • 豊富な独自のイベントの作成

    武将のセリフ・選択ダイアログや各種リストダイアログを自由に利用したイベント作成・ダイアログ・フェイドアウト・フェイドイン・カメラ等

  • エンディングイベントの作成

    エンディイング直前も同様に豊富な機能を使ってイベントを作成するおとが出来ます。

  • 武将列伝・家宝列伝・城列伝

    各種列伝をその場その場の状況に応じて、「リアルタイム」に変更できます。

  • スクリプトデータもサポート

    外部のテキストデータや軽いアルゴリズム用としてLua言語もサポートされています。

  • 各種ゲーム仕様の変更

    これらを通して各種のゲーム仕様の変更や、新ゲーム仕様の作成、全く新しいゲームの融合も出来ます。
    又汎用のWindowsプログラムの機能も「ネイティブ」「.NET FrameWork」共に全て利用可能です。

使い方

別章にて詳しい使い方が解説されています。