void カスタム::On_アプリケーションメニュー選択時(int メニュー番号)

void カスタム::On_アプリケーションメニュー選択時(int メニュー番号) {
}
  • タイミング

    • このメソッドは、「アプリケーションとしてのメニューが選択される度」に呼ばれる。
  • 一般的用途

    • 通常、自作機能用途メニューを追加した後、そのメニューの選択時に、何かを実行させるため利用する。
  • 例①

    
    // 通常、On_起動時等に、メニューを1度追加する。
    static int menu1番号 = -1;
    static int menu2番号 = -1;
    
    void カスタム::On_起動時() {
      menu1番号 = アプリケーション::メニューアイテム追加("熟練度MAX");
      menu2番号 = アプリケーション::メニューアイテム追加("ノートパッド");
      アプリケーション::メニューアイテム追加("---"); // "---"とすることで、セパレータ(横線)を追加することも出来る。
    }
    
    
    void カスタム::On_アプリケーションメニュー選択時(int メニュー番号) {
        デバッグ出力 << メニュー番号 << endl;
    
      // 追加したメニューIDと比較することで、お目当てのメニューであることを判定する。
        if (メニュー番号 == menu1番号) {
            // 532の武将の熟練度をMAXに
            for (int i=0; i<最大数::武将情報::配列数;i++) {
                p武将情報[i].政治熟練値 = 2000;
                p武将情報[i].戦闘熟練値 = 2000;
                p武将情報[i].智謀熟練値 = 2000;
            }
        }
        if (メニュー番号 == menu2番号) {
            // 外部アプリケーションを実行 (win32api で、ノートパッドを実行)
            ShellExecute(NULL, NULL, "notepad.exe", NULL, NULL, SW_SHOWNORMAL);
        }
    }