void カスタム::On_プレイヤ担当ターン《メイン画面》()

void カスタム::On_プレイヤ担当ターン《メイン画面》() {
}
  • タイミング

    • プレイヤ操作の大名にターンが回ってきたら、このメソッドが呼び出される。
      又、セーブデータをロードした直後もプレイヤ操作の大名であるので、このメソッドは呼び出される。

    • よって、セーブとロードを繰り返すと、このメソッドは1季節内で何度も実行されるので、
      そのような特性をよく理解して使う必要がある。


    • プレイヤが担当している大名が複数人居れば、1季節に当然複数回実行されるため、注意する必要がある。
      このような特性から、このメソッドは「1季節あたり1回だけ実行したいような処理を記述するのには向かない」。
      そのような処理は、「On_相場変更直前」や「On_軍団ターン変更《メイン画面》」といったメソッドで行うべきである。

    • 以上のような特性を踏まえると、このメソッドを本格的な実装時に利用する機会は非常に少ないだろう。

      しかし、ロード直後でもプレイヤーのターンにおいて実行されるため、
      「何か値や関数の使い方を確認」するような、調査や学習の意味合いのデバッグ用途に非常に向いている。

      ScenarioModのソースにおいて、チュートリアルソースがこのメソッドに記載されているのも、このためである。
  • 一般的用途

    • プレイヤターンが回ってくる度、および、ロード直後の両方で、必ずやっておきたい処理を記述するのに向いている。
    • プレイヤが担当している大名が複数人居れば、1季節に当然複数回実行されるため、注意する必要がある。
  • 例①

    void カスタム::On_プレイヤ担当ターン《メイン画面》() {
    
      /*
       * 関数の使い方や機能をチェックするための実験記載。
       */
      int iBushouID = Get_武将番号【配列用】("武田信玄");
      Set_弓適性(iBushouID, 弓適性::S);
    
      フェイドアウト();
      カメラ移動(3);
      フェイドイン();
    
      効果音再生(効果音音源::豊作);
      確認ダイアログ表示("これはプロトタイプだお!!");
    }