TSMod設定キットの機能 ~シナリオ編~

  • 1507年シナリオを導入してみよう (シナリオ導入例)

    デフォルトの天翔記には無い有志制作のシナリオ群は、導入が簡単なものから難しいものまで様々です。
    ここではその中で1507年シナリオの導入例を見ていくことで、独自シナリオの導入の基本筋をモノにしましょう。

  • 前提条件

    TSMod(の最新版)を導入しているものとする。

  • 導入手順

    • 最初に天翔記フォルダーをコピーし、「新たな」天翔記フォルダーを作る

      下図の例は、通常の天翔記ディレクトリ「tenshouki95」をコピーして、「tenshouki_1507」というディレクトリを用意したものです。

      有志制作のシナリオの多くは、デフォルトの天翔記のシナリオと同居出来ないため、このような方法が安全です。

    • シナリオ作者が提供するファイル群を、新たに用意した天翔記ディレクトリへとコピー&上書き

      これによって、シナリオ製作者の用意したデータ反映出来ました。(※ほとんどの独自シナリオはここまでで導入は完了します。)

    • 全員文が揃った武将列伝データを取ってくる

      • 1507年シナリオ用武将列伝
        └ このうち、最新(一番上にある)のbfile.zip(又はbfile.n6p)を、「tenshouki_1507」ディレクトリへbfile.n6pをコピー(上書き)。(ファイルサイズが280k以上あることを確認して下さい)

      これによって、列伝データが反映されました。

    • 総合登場武将人数を増やすため、KAOSWAPEX.N6Pを導入する。

      TSModが武将人数1932人モードで動作可能なように、KAOSWAPEX.N6Pを導入します。
      その内容はコチラで説明されています。
      1507年シナリオは武将人数が1700人程度であるため、導入する必要があります。

      • KAOSWAPEX.N6Pのダウンロード
        └こちらはあくまで簡易版で、非推奨となります。出来るだけ後述の「KaoswapEXMaker」でちゃんとしたKaoswapEX.n6pを作成しましょう。
      • ちゃんとした「KaoswapEX.n6p」を作成するには、既存の1332人用の顔データを1932人用として引き継いで利用するKaoswapExMakerというツールを利用のこと。こちらの方が、不具合が解消されています。
    • シナリオ名の変更 ~Sn1507Mod~

      Sn1507.dllを「tenshouki_1507」ディレクトリへコピーすることで1507年シナリオ専用のシナリオ名にすることが可能です。

    • 1507年用の顔のセッティング、他

      1507年シナリオの元となる、信長の野望・蒼天録の顔グラ・音などを有志が作成しています。
      より一層楽しみたい方は導入してみると良いでしょう。