VisualStudio の立ち上げから~ScenarioModのビルドまで

  • 概要

    ここでは、ScenarioModを初めてさわる人向けに、「ビルド」「dllのコピー」「天翔記起動」までの流れを説明します。

  • 前準備

    Visual C++ をインストールしていない人は、この段階で、Visual C++ をインストールすること。
    詳細は、こちらで確認のこと。

  • ScenarioModを自分に都合の良いディレクトリへ

    ScenarioModVer2.zipファイルを解凍し、ディレクトリまるごとC++開発に向いた場所へとまるまる移動してください。


  • ScnearioMod.sln

    「ScenarioMod.sln」というファイルがある。これが全体のソリューション(sln)ファイルとなるのでを起動してくださ。

    ソリューションファイルソリューションファイルとは、「プロジェクト」という概念に近いですが、
    実際にはさらにもう1つ上のまとまりの概念を指します。
  • Visual Studioの画面

    起動すると、Visual Studio (もしくは Visual C++)が立ち上がります。以下のような画面となります。


  • バージョンや環境によって画面構成が多少ことなる。

    バージョンや環境によって画面構成が異なります。

    ある程度は合わせましょう。

    • ソリューションエキスプローラが見えていないという人は、一番上部メニューの「表示」>「ソリューションエキスプローラ」で表示させましょう。
    • 「出力」がみえていないという人も同様に「表示」>「出力」で表示させて下さい。
    • 逆にリソースビューは、邪魔です。消してみましょう。
      「リソースビュー」とかいてある色が付いた部分の右の方に小さな「×」ボタンがありますので、 これをクリックすると消えます。
  • x86 Release がターゲット

    ビルドする前に上部にある「Debug」もしくは「Release」などと出ているところを「Release」として下さい。
    (普通は最初からReleaseしか表示されていないハズです)




  • 複数のVisual Studio をインストールしている場合の問題点

    複数のVisual Studioが入っている場合、「プラットフォームツールセット」のバージョンが、
    「今使っているVisual Studioのバージョンと食い違う」という問題が発生します。
    これはバグではなく、「そのプロジェクトが作られた時のVSのバージョンを再現することを優先する」というVSの仕様です。

    より新しいVisual Studioを利用しているのあれば、せっかくですので、以下のようにプラットフォームツールセットも新しいものに引き上げるのが良いかと思います。


  • 初めてのビルド

    さて、まずは、ビルド作業に入ります。


    「F7」キーを押してみましょう。F7キーとは「ソリューションのビルド」という作業であり、
    メニューの「ビルド」からも選択できますし、ソリューションエキスプローラの「ソリューション 'ScenarioMod'」のところを右クリックしても「ビルド」が可能です。


    この段階でエラーが出たという人は、ソリューションの「リビルド」をしてみましょう。

    ソリューションのリビルドソリューションのリビルドは、メニューの「ビルド」->「ソリューションのリビルド」などから実行が可能です。
    たまに、プログラムや構成自体はただしくとも、書き込めなくなったりしてビルド時にエラーが出ますので、
    そういう場合は、このソリューションの「リビルド」を実行して下さい。
    ソリューションの「リビルド」でもエラーが出た場合は、それはほぼ間違い無く、プログラムや設定ファイルにエラーが存在します。
  • ScenarioMod.dllを天翔記フォルダにコピー

    さて、ScenarioModのサブディレクトリの「Release」というフォルダ内に、待望の「ScenarioMod.dll」が出来たハズです。
    これを「天翔記フォルダ(tenshou.exeやtsmod.dllと同じフォルダ)」にコピペ(か移動)してみましょう。


    逆にScenarioMod.dllが邪魔な場合は、ScenarioMod.dllを消せばScenarioModに書いた分は機能しません。
    そこにファイルが「有る」か「無い」か、それだけで切り替えることが出来る簡単設計です。

  • 動作してるか確認

    天翔記を起動して、「真田幸隆」と会話してみましょう。
    普段と明らかに異なった動作が確認できれば、成功です!!
    (何が起こるかはScenarioModのバージョンによって多少変化するでしょう)



  • まとめ

    以上、ソリューションの起動>ビルド>ScenarioMod.dllを天翔記フォルダーにコピー
    が一連の基本の流れとなります。