AS条件::メイン::暗殺受動者死亡可否

int カスタム::On_カスタム条件(string 条件名, カスタム条件パラメタ型 パラメタ) {
  if ( 条件名 == "AS条件::メイン::暗殺受動者死亡可否" ) {
  }

  // 変更しない場合-1
  return -1;
}
  • 引数の補足

    • パラメタ.整数1:

      整数1は暗殺を実行した武将の武将番号
    • パラメタ.整数2:

      整数2は暗殺対象となった暗殺される側の武将の武将番号
    • パラメタ.整数3:

      現在予定されている死亡結果
  • タイミング

    • このカスタム条件は、メイン画面(=戦略画面中)いずれかの武将が暗殺を実行した際の死亡判定時に呼び出される。

  • 一般的用途

    • 暗殺の死亡確率や死亡結果の制御・変更を目的として使用する。
  • 例①

    int カスタム::On_カスタム条件(string 条件名, カスタム条件パラメタ型 パラメタ) {
    
      if ( 条件名 == "AS条件::メイン::暗殺受動者死亡可否" ) {
        int 暗殺する側BushouID = パラメタ.整数1-1;
        int 暗殺され側BushouID = パラメタ.整数2-1;
        int 予定されている結果 = パラメタ.整数3;
    
        if ( 0 <= 暗殺する側BushouID && 暗殺する側BushouID < 最大数::武将情報::配列数 &&
           0 <= 暗殺され側BushouID && 暗殺され側BushouID < 最大数::武将情報::配列数 ) {
    
          デバッグ出力<<Get_名前(暗殺する側BushouID)<< endl;
          デバッグ出力<<Get_名前(暗殺され側BushouID)<< endl;
          デバッグ出力<< 予定されている結果 << endl;
    
          // 相手より年齢が上なら、必ず暗殺成功
          if ( Get_武将年齢(暗殺する側BushouID) > Get_武将年齢(暗殺され側BushouID) ) {
            return TRUE; // 死亡確定
          }
        }
      }
    
      // それ以外は条件を変えない。
      return -1;
    }