Ls11 Archiever

  • 概要

    LS11のファイルを「展開」や「圧縮」することが可能なアプリケーションです。

    EMN Projectさんのところにある、信長の野望 天翔記 with パワーアップキット LS11 Archiver
    とほぼ同じアプリケーションとなります。


    改善点としては、数点。

    • LS11archiever.exeへのファイルのドラッグ&ドロップ等に対応しています。
    • LS11 Archiever が起動した後、テキストボックスへのファイルのドラッグ&ドロップ等に対応しています。
    • Win10などでまともにサポートされなくなった旧VisualBasicではなく、
      新しめの.NET FrameWorkでプログラムされています。
    • ソースが付いていることで、コーエー系の「解凍」「圧縮」のツールを作成する敷居がかなり下がったはずです。
      (LS11Mod APIやLS11Mod DotNetを参照)
  • ダウンロード

    DOWNLOAD ⇒ Ls11 Archieverファイル。
    └更新日 2016/04/04
  • 動作環境

    • .NET FrameWork 4.0
    • Visual Studio 2013 Runtime をインストールしたことがない人は、インストールしてください。
      OSのビット数に関わらずx86版をインストールしてください。
  • 使い方

    • 解凍 ~「LS11」タイプのファイルを解凍し、複数のファイルに分割する~

      例えば、「message.n6p」を、LS11 Archiever から選択(もしくはドラッグ&ドロップなど)し、「解凍」を実行すると、

        ├ message.n6p
        ├ message ← ディレクトリ
          ├ message.000 ~ message.023

      といった形に分解されます。

    • 圧縮 ~「解凍」によって、分割されたものと元へと戻し1つのファイルとする~

      以下のような「解凍」したものだと想定される構成である場合に限り、
      「message.n6p」を、LS11 Archiever 上で選択し、「圧縮」を実行すると、
      message.000~message.023 のファイルが圧縮され、message.n6pへと格納されます。

        ├ message.n6p
        ├ message ← ディレクトリ
          ├ message.000 ~ message.023

      この圧縮のファイルの指定の仕方が、EMN Project さんが提供しているツールとは
      全く異なりますので注意
      してください。

      LS11Archieverでは、「解凍と圧縮は、基本的には同一のファイルを指定する」ことになります。