三国志V with PK用 kaodatap.s5 / kaoex.s5 ビューワー

  • 概要

    三国志Vの顔グラとなる 「kaodatap.s5」と「kaoex.s5」 の内容を「閲覧・出力・取込」するためのツールです。

  • ダウンロード

    DOWNLOAD ⇒ KaoDataPFaceViewer.zip v1.08 ファイル。
    └更新日 2017/04/30
    DOWNLOAD ⇒ ソースファイル。(プログラム書ける人用)
    └更新日 2017/04/30


  • 動作環境

    • Microsoft VC++ 再頒布可能パッケージ

      Visual Studio 2013 C++ ランタイム
      x86版をインストールしたことが無い方はインストールしてください。
      お手持ちのOSが64bitか32bitかには関わりなく、x86版のインストールが必要です。

    • Microsoft .NET

      .NET Framework 4.0以上。

  • インストール

    • KaoDataPFaceViewer.exeを「三国志Vのフォルダ(San5WPK.exeやSan5W95.exe)があるディレクトリに入れる。
  • 使い方

    主に以下の4つの機能があります。

  • 閲覧・編集対象の選択

    「kaodatap.s5」もしくは「kaoex.s5」を、KaoDataPFaceViewer.exe へとドラッグ&ドロップして起動します。
    ドラッグ&ドロップしたファイルが、閲覧・編集対象となります。
    何もドラッグ&ドロップせずに、KaoDataPFaceViewer.exe を実行した場合は、「kaodatap.s5」が対象となります。

    閲覧

    普通に起動すると、閲覧状態となります。

    • 「→」キー、「↓」キー、「PageDown」

      次のページの顔グラ一覧を表示

    • 「←」キー、「↑」キー、「PageUp」

      前のページの顔グラ一覧を表示

    • 「home」キー

      最初のページの顔グラ一覧を表示

    • 「end」キー

      最後のページの顔グラ一覧を表示

  • 出力

    「o(オー)」のキーを押すと、顔グラ全部を出力出来ます。
    (output)の頭文字。

    • 「o」キー

      kaodatap.s5 が対象であれば、顔グラを全部「kaodatap」フォルダへと出力、
      kaoex.s5 が対象であれば、顔グラを全部「kaoex」フォルダへと出力

  • 取込

    • 「i」キー

      kaodatap.s5 が対象であれば、「kaodatap」フォルダにあるxxxx.bmp を kaodatap.s5 へと 取込、
      kaoex.s5 が対象であれば、「kaoex」フォルダにあるxxxx.bmp を kaoex.s5 へと 取込

    • 取込についての詳細

      以下長々と続く配置関係の説明は、先述した「出力」をやってみれば、
      「ああ、そういうことですか」とすぐにわかります。

      • 0001.bmp~783.bmpなど連番となっている8色の顔グラを、対象の*****.s5へと取り込みます。
      • *****.s5へと取り込みたい顔画像は「*****」ディレクトリに置く。
        多えば「kaodatap.s5」に取込たいなら、「kaodatapディレクトリ」に連番のbmpファイルを置く。
        例えば「kaoex.s5」に取込たいなら、「kaoexディレクトリ」にファイルを置く。

    • 主なエラー

      主に起きるのは2つのエラーです。
      コンソールウィンドウの方にフォーカスし、内容を確認してください。


      • ErrUsedColorPaletteOutOfRange
        └画像内容のパレットの使用が9色目以上を指定している。
        極めて高確率で256色やフルカラーになっている。もしくは8色ではなく、16色を使って画像を描いている。
      • ErrWrongWidthHeightPixel
        64x80の画像になっていない。
      • 三国志V用の減色版顔の作成方法に従えば、このようなエラーはまず出ません。
    • 動作説明

      • 「取込」の挙動

        現状の*****.s5のデータベースとし、*****ディレクトリの中にxxxx.bmpがあれば、対応する所だけ読み込む。

        例えば、現状のkaodatap.s5のデータをベースとし、kaodatapフォルダの中に0003.bmpと0008.bmpと0300.bmpの3つがあれば、
        kaodatap.s5の中で、この3つに対応するところへと読み込み、kaodatap.s5を上書きする。

    • 備考

      • 1個だけの顔グラでも、783全部の顔グラでも、どちらでも大丈夫

        全ての連番ファイルがそろっている必要はありません。
        番号が歯抜けになっていても大丈夫ですし、
        たった1つだけの顔画像(例:0003.bmpだけ)などがあってもOKです。

        「xxxx.bmp」(xxxxは4桁の数字で0001以上~0783以下)という命名規則に沿った画像のみが全て取り込み対象となります。