SecDrvChangeShell
(secdrv.sys ON/OFF 切り替えツール)

  • 概要

    このツールは、secdrv.sysの有効・無効を切り替えるツールです。

    基本的には、Windows Vista~Windows 8.1の人を対象としたツールであり、Windows 10以降のOSは対象ではありません。
    (※Windows 10 以降では、secdrv.sysはテストモードの時だけ有効とすることが可能なため、ON/OFFする必要性があまりない。)

    Windows Vista~Windows 8.1で SafeDisk関係で ゲームやソフトが動作しなくなった場合に、利用してください。

  • ダウンロード

    DOWNLOAD ⇒ SecDrvChangeShell.zipファイル。
    └更新日 2015/09/12
  • 動作環境:

    • Windows Vista~Windows 8.1
      (Windows10以降でも「Windowsがテストモード」なら動作はします。)
    • .NET FrameWork 4.0 以降。
  • 実行方法

    1. 上記ファイルをダウンロードして、SecDrvChangeShell.zipを解凍する。
    2. SecDrvChangeShell.exe実行する度に、ON・OFFが切り替わります。
      基本、「初めて実行」の際は、以下のような青い(もしくは赤い)画面が出ると思います。
      「詳細情報」をクリックして、実行。



    3. 「有効化に成功」や「無効化に成功」といったメッセージが出ます。
      また、場合によっては、「失敗」といったメッセージが出ます。

    4. Windows 10以降で有効化に失敗した場合、「secdrvを自己署名をしていない OR テストモードに移行していない」との旨のメッセージとともに、 解決策を記載した関連情報の当サイト上のページへと誘導されます。


     以上が使い方の基本となります。
     secdrv.sys がONの間は、ゲームが稼働し、OFFだと稼働しない、ということになります。

  • 応用編

     以下は応用編となります。

    • secdrv.sysのONとゲーム起動を一緒に行う

      1. 対象のゲームのEXE(例えば、NOBU11PK.EXEなど)と同じフォルダにSecDrvChangeShell.exe をコピーしておきます。



      2. SecDrvChangeShell.exe のショートカットをデスクトップに作ります。



      3. 作ったデスクトップのショートカットを右クリック。プロパティのショートカットのタブを開き、
        「リンク先」の部分に、「SecDrvChangeShell.exe」の「引数」として、起動したいゲームのEXEのファイル名をつけ加えます。



      4. 以上で、このショートカットを実行することで、「secdrv.sys を ONにするとともに、ゲームが起動」します。

      5. 通常は、ショートカットの名前やアイコンを変更するのが良いでしょう。



    • ゲーム終了時にsecdrv.sysのOFFも行う

      1. 先ほど作ったデスクトップのショートカットの「リンク先」の項目で、
        「リンク先」の部分に、「SecDrvChangeShell.exe」の「引数」として、さらに「auto」を加えることで、終了時にsecdrv.sysをOFFにします。
        (secdrv.sysが必要な「別のゲーム」が起動中だとしても、OFFにしてしまうので、注意)