ModDebugger
(天翔記Mod開発者・改変者用、デバッグ用途コンソールモニター)

  • 概要

    ModDebuggerは、いわば、デバッグ情報の受信機です。

    MOD開発者、MOD改変者用の支援アプリケーションであり、
    MODを作る人、編集する人にとって、デバッグがかなりやりやすくなるツールとなっています。

    • Mod開発の問題点と対策

      ScenarioModや、一般MOD他、MODはWindowsプログラムです。

      Windowsプログラムでは、通常値を出力するコンソール部がありませんので、
      デバッグ・値の監視などがやりにくい、という問題があります。
      特に天翔記はVisual Studioで「ブレイク」といった「プログラムが一時停止を伴うようなこと」をすると、
      しばしば、不正終了してしまいますので、一層デバッグがやりにいという実情があります。

      このModDebuggerはそのような問題を解決するためのツールです。
      Modが出力するデバッグ出力を、リアルタイムに表示することが可能です。

  • ダウンロード

    DOWNLOAD ⇒ ModDebuggerファイル。
    └更新日 2016/07/02

    「ModDebugger.exe」と「ソース」が添付されています。

  • 動作環境

    Windows XP 以上

  • 使い方

    ModDebugger.zipを解凍し、ModDebugger.exe を「天翔記フォルダ (tenshou.exeがある場所)」に置いてください。
    特にこの場所にある必要性はありませんが、TSMod.dllを導入されていれば、
    天翔記の「メニュー」にModDebuggerを起動するためのメニューアイテムが表示されます。

  • 補足事項

    このツールは、汎用的なコンソール風味のアプリケーションであり、
    基本的には、天翔記そのものに依存しません。又、特定のバージョンの天翔記である必要はありません。
    しかし、天翔記に対して、特別に、以下の様にに最適化されています。

    • 天翔記専用のモード

      天翔記が立ち上がっていると、天翔記のみに対して、そのデバッグ出力(OutputDebugStringのみ)を監視するように、自動的に切り替わります。
      この際は、天翔記専用の、「デバッグモニター監視ツール」になります。 この間、他のアプリケーションの情報は拾いません。

    • 汎用のモード

      天翔記が立ち上がって「いない」間は、Microsoftが提供する、DebugView for Windows
      似たような挙動をコンソール画面で実現します。

      Windows上で実行されている全てのアプリケーションに対して
      そのデバッグ出力を監視します。(対象はOutputDebugString系列のみ)
      よって、天翔記が立ち上がっていない間は、汎用的な、「デバッグモニター監視ツール」になります。