多くのフルカラー顔グラフィックを一括で減色する

  • 概要

    ddraw.dll用のフルカラー顔(0001.bmp~1300.bmp)を、一括で減色して、
    8色(3bit)版を一気に作成する方法の解説、及び、ツールの提供。

  • ダウンロード

    DOWNLOAD ⇒ ConvertAllTo3Bitファイル。
    └更新日 2014/08/24
  • 使い方

    • 必要な設定

      「Yukariソフト」のフォルダにパスを通す
      「Yukari」ソフトのフォルダにパスを通します。flexc のコマンドをどこからでも実行できるようにするためです。
      減色時に使うパレット(palette.bmp)」をkao_24bit(など、元となるフルカラー顔グラと同じフォルダ)に入れておく。

    • ConvertAllTo3Bit.batの実行

      ConvertAllTo3Bit.batをkao_24bit内に置いて、実行する。
      C:\kao_3bit フォルダに減色された顔が順次出力される。
      └(※「C:\kao_3bit」という名前通りのフォルダのこと。
      天翔記のフィルダ以下にある減色顔用のフォルダ⇒例:「C:\usr\tenshou95\kao_3bit」とか)を指したものではないので注意!!)

  • 仕組みの補足

    以下、簡易なスクリプト程度は理解できるものとします。
    解説では、kao_24bit の*.bmpを全て減色したいものと仮定します。

    • 理解すべきこと

      必要なコマンドは

      flaxc 元ファイル名 出力ファイル名 -Fpalette.bmp -D4 -L5 -B0

      を kao_24bit内の全ての*.bmpに対して行えば良い。
      これをどのようにスクリプトやバッチを組んで行うか? だけを解決すれば良い。

      flaxc の仕様に関しては、Yukariソフトの「YukariNote.chm」に記載されている。

    • FLAXC.exe

      • 第二引数:出力ファイル名の絶対パス

      • 第三引数以降
        • -F"パレットファイル名"
          ⇒ 絶対パスもしくは相対パス、kao_24bit内でコマンドを実行するならパレットファイル名だけ(相対パス)でOK
        • -D4 ⇒ アニメーションパターン減色
        • -L5 ⇒ 強弱は真ん中
        • -B0 ⇒ ビットマップフォーマット
      • 出力先にファイルがすでに存在した場合には、このままでは上書しないので、
        再出力する前には、出力先のファイル全てを削除してから実行する。
        強制で出力先のファイルを上書きにしたい場合には、バッチファイル内のflaxcに渡しているオプションに「-R1」のオプションを加える。
  • .batファイルの例

    (天翔記フォルダとは異なる場所に予め作った)「C:\kao_3bit」フォルダへと一括減色コンバート。

    mkdir C:\kao_3bit
    for %%A in (*.bmp) do (
        flaxc %%A C:\kao_3bit\%%A -Fpalette.bmp -D4 -L5 -B0
    )
    

    「ConvertAllTo3Bit.bat」は上記スクリプトまんまである。