LS11 for .NET ライブラリ

  • 概要

    これまで提供されてきたLs11系のAPIは全てC++のネイティブ用でしたが、
    こちらは、LS11Modを.NET用にラッピングしたものとなります。

    「ANY CPU」ではなく「x86」用ですので、C#やVB.netから利用する場合、
    ターゲットをx86に設定するのを忘れないようにしてください。

    型は、全てString もしくは ArrayList 型のみとなります。
    ファイルベースのものは除去し、メモリベースのもののみ残してあります。

  • ダウンロード

    DOWNLOAD ⇒ Ls11Mod API For .NETファイル。
    └更新日 2016/02/07

    「LS11DotNet.dll」と、「LS11DotNet.dll」のソースファイル全てが同封されています。

  • 動作環境

    • .NET FrameWork 4.0
    • Visual Studio 2013 Runtime をインストールしたことがない人は、インストールしてください。
      OSのビット数に関わらずx86版をインストールしてください。
  • 使い方

    
                ArrayList al = new ArrayList();
                LS11DotNet.Ls11.DecodePack("bfile.n6p", al);
    
                // alに対してここで操作
    
                LS11DotNet.Ls11.EncodePack("bfile2.n6p", al);
    

    SplitData, JoinDataに対する考え方もC++版と同じです。

    ヘックスマップエディタの添付ソースのLS11系処理をしている処を参考にしてみてください。