信長シリーズ 顔グラ素材 流用図鑑

概要

このツールは信長の野望シリーズの顔グラを一種の「画像素材」と考え、
「天下創生 PK」~「大志 PK」までのシリーズについて、どのように画素材が流用されていっているか、
といった情報の図鑑です。

どの顔グラが、どのシリーズで新しく書き下ろされたのか、
どの顔グラの「一部」が流用されて、別の顔グラが作成されていることなど一目瞭然です。
たとえば、鎧の部分だけに着目して、「同じものの色違い」と認識した場合でも「流用」として判断しています。

ダウンロード

更新日 2022/06/11
NobuFaceTransition.zip

使用方法

  1. 上記ファイルを解凍し、NobuFaceTransition.exe、Link.txt、UnLink.txtの3つのファイルを適当なディレクトリへとコピーする。
  2. 実行する。

アンチウィルスソフトに引っかかりやすい

このアプリケーションはごく普通のC#によるアプリケーションですが、
なぜかアンチウィルスソフト(特にマカフィー)に引っかかりやすいようです。
その場合、NobuFaceTransition.exe をリアルタイムスキャンから除外すれば大丈夫です。

画面説明

PICTURE

  • 上部のタブ

    シリーズを選択します。シリーズを起点とした連番が表示されます。

  • スクロールバー

    マウス・キーボードの上下・HOMEキーやENDキー・PageUpキーやPageDownキーで操作することが出来ます。

  • 顔グラ

    一番左は、現在選択している「シリーズ」の顔グラ連番です。
    右に、「流用して作成したと思われるシリーズのシンボル(13pkなど)と番号」が並びます

顔グラの番号は何の番号?

  • RPGViewer (やPICTOOL)で抽出した際の番号と同じ

    ここで記載されている番号は、武将番号ではなく、Van's houseRPGViewerで画像を抽出した際に割り振られる番号となります。
    Exportの際のAdvanceのオプションとして、以下のように設定しておくとわかりやすいでしょう。
    PICTURE

備考

  • Link.txtファイル

  • どの画像がどの画像へと流用されているのかのリンク情報。
    原則的には、CPUの膨大な自動計算によって作成された情報です。
    かなり正確ですが、間違いや、若干の取りこぼしもあります。

  • UnLink.txtファイル

  • CPU自動計算により作成されたLink.txt情報を、「間違いである」として否定している情報。
    通常、手動で作成します。

  • ×マークを付ける

    2列目以降の顔グラをクリックすると、「リンクを切るか?」といった旨のメッセージが出ます。

    リンクを切るとは、「この画像は違う」といった目印となるマークを付け
    「UnLink.txt」に情報を付け足す、といった意味となります。

    リンクを切ると、画像に「×」マークが出ます。

    一度×を付けると、元へと戻すためには、UnLink.txtを手動で編集する必要があります。
    GUI(マウス操作)上では元へは戻せません。

    (※UnLink.txtの最後の2行をカットすれば、一番最後に行ったリンク切断を元へと戻すことが出来ます。)

    PICTURE