多数の減色済みの顔グラを一括でkaoswap.n6pへと取り込む

  • 概要

    多数の減色済みの顔グラフィックを一括でkaoswap.n6pへと取り込めるツールの提供、
    及び、使用方法の解説となります。

  • ダウンロード

    DOWNLOAD ⇒ KaoSwapFaceImporterファイル。
    └更新日 2016/02/11
    DOWNLOAD ⇒ ソースファイル。(プログラム書ける人用)
    └更新日 2016/02/11
  • 説明

    このツールは、0001.bmp~1332.bmpなど連番となっている8色の顔グラを、Kaoswap.n6pへと取り込むツールです。
    このツールの「KaoSwapFaceImporter.exe」自体は、天翔記フォルダに置き、ご自分で用意した、Kaoswapへと取り込みたい顔画像(8色の連番画像)は「kao_3bit」というディレクトリに起きます


  • 使い方

    ・Kaoswap.n6pへと取り込みたい顔画像は「kao_3bit」ディレクトリに置く。
    ・KaoSwapFaceImporterを実行する
    (※顔画像は0001.bmp~1332.bmp)

  • 主なエラー

    主に起きるのは2つのエラーです。エラーが起きるとエラーを表示した状態で止まります。

    • ErrUsedColorPaletteOutOfRange
      └画像内容のパレットの使用が9色目以上を指定している。
      極めて高確率で256色やフルカラーになっている。もしくは8色ではなく、16色を使って画像を描いている。
    • ErrWrongWidthHeightPixel
      64x80の画像になっていない。
  • 動作説明

    • このツールが実行すること。

      このツールをちゃんと使うには、このツールが行うことを正しく理解する必要があります。

      (※このツールの実行速度はとても速く、一瞬黒い窓が出るだけで全ての処理が終わります。
      ある程度のPCであれば、0.5~2秒ほどの間に2000個程度の顔画像の取り込みを完了してしまいますので、途中経過は目視して判断することは出来ません。)

    • KaoSwapFaceImporter.exeが実行されると自動処理する内容

      • Kaoswap.n6pから情報を取り込む。
        └kaoswap.n6pが存在しないという場合、事前情報は無いものと考える。
        (└即ち全ての顔は真っ白だ、という前提となる)
      • kao_3bitディレクトリ内にある、「xxxx.bmp」(xxxxは4桁の数字で0001以上~1332以下) に該当する.bmpファイルがあれば、
        これをKaoswap.n6pへと取り込む。
      • 逆に言えば、欠番となっている「xxxx.bmp」は、存在しないのであるから、該当の武将の顔画像は「更新しない=現状維持」とされる。
      • 最後に元のkaoswap.n6pを書き換える。

      以上です。

  • 備考

    • 1個だけの顔グラでも、1300全部の顔グラでも、どちらでも大丈夫

      全ての連番ファイルがそろっている必要はありません。
      番号が歯抜けになっていても大丈夫ですし、
      たった1つだけの顔画像(例:0003.bmpだけ)などがあってもOKです。

      kao_3bitフォルダ内にある「xxxx.bmp」という命名規則に沿った画像は全てKaoswapへの取り込み対象となります。

    • 連番画像の何番が誰なのか? 一覧する。

      実は「武将一覧.xls」にこれをサポートする機能が実装されています。
      「武将一覧.xls」を「kao_3bit」フォルダに置き、武将一覧.xlsを立ち上げて「顔」ボタンを押すと
      0001.bmp~ の画像をExcel上にインポートする機能が備わっています。
      (kao_24bitフォルダに置けば、そちらが対象となります。とにかく連番の顔画像ファイルがあれば良いだけです)
      (※Excelのマクロが有効でないと機能しないので、マクロを有効にして下さい。
      マクロを有効にするやり方はネットで検索して調べて下さい)

  • 拡張系Kaoswap**.N6Pへの対応状況

    • KaoswapEX.N6Pにも対応

      このツールはKaoswapEX.n6pのファイルを発見すると、
      Kaoswap.n6pに引き続き、KaoswapEX.n6pに対しても同様の処理を行います。
      即ち、

      • KaoswapEX.n6pを読み込んで、
      • 取り込むべき「xxxx.bmp」が存在すれば全て取り込み、
      • KaoswapEX.n6pを書き換えます。
      この場合、「xxxx.bmp」とは0001.bmp~1932.bmpまでが対象となります。

    • KaoswapUX.N6Pにも対応

      KaoswapUX.N6Pにも対応しています。考え方や対応状況はKaoswapEx.N6Pと同じです。
      この場合、「xxxx.bmp」とは0001.bmp~2932.bmpまでが対象となります。

    • KaoswapExMakerとの関係

      ・KaoswapExMakerは、Kaoswap.n6pの内容を引き継いで、KaoswapEX.n6pを作成するツールです。

      ・KaoswapFaceImporeterは、あくまでも用意された顔画像の取り込みを自動化するツールです。