ScenarioModの仕組みと3本柱

  • 概要

    前の章では、イベントハンドラという概念を学習しました。
    そろそろ、「なんとなく見よう見まね」という段階から、1歩踏み込んだ学習をしていくのですが、
    その前に、「ScenarioModの全容の概念」を学習します。

    ScenarioModを使いこなしていくためには、仕組みや概念の大枠を理解していることがとても役立つからです。

  • 呼出し関係構図

    まず、天翔記(tenshou.exe)はTSModを実行し、
    TSModは、ScenarioModを実行します。

    (下の層が上の層を呼び出す)


    TSModは、必要なタイミングで、ScenarioModの「イベントハンドラ」を、呼び出します。
    又、ScenarioModに搭載されている関数の一部もTSModが機能を提供しています。

  • ScenarioModは次の3本柱


    • イベントハンドラ

      イベントハンドラ」という概念については、すでに学習しました。

    • データ構造

      データ構造」というのは、天翔記の様々なパラメータにアクセスするための構造体のようなものです。
      ScenarioModでは少し特殊な作りになっていますが、直観的に扱えるようになっています。

    • 関数

      関数」というのは、通常のプログラミングの「関数」と同じ意味です。

    以上がScenarioModの3本柱であり、この3つを理解していることが、 ScenarioModを使いこなす上で重要です。