IronPythonを使う場合

  • 概要

    ScenarioModにて、テキストスクリプトを利用するには、Lua以外ではどのような候補があるでしょうか。
    実はC++/CLIでは、ほぼ全ての組み込み型のスクリプト言語を利用できますが、
    その中で、今回は、IronPythonという言語に注目しましょう。

    (ここに記載されている情報は、2016/01/10 IronPython 2.7.6.0でのものとなります)

  • IronPythonとは

    IronPythonは、.NET FrameWorkの持つ豊富なクラスライブラリを
    Pythonの文法でシームレスに利用できるようにしたPython系言語の1つです。

    Pythonは「汎用目的スクリプト言語」としては世界で一番人気のある言語であり、
    その中でもIronPythonは、MicrosoftのVisual Studioで「正式にサポートされている」数少ない言語の1つです。

    また、IronPythonのソースコードは、各種の文字コード(UTF-8やShiftJIS)に対応しているため、
    天翔記本体やScenarioModの文字コードがSfhitJISであることと相性が良いのです。
    ソースコードが文字列の変換の嵐になることを回避できるためです。

    このような点から、IronPythonは、有力な候補と言えます。

    下準備

    この項目は必須ではありませんが、IronPythonはVisual Studioで正式にサポートされていますので、
    IronPythonをインストールし、Visual StudioでPython系のプロジェクトを有効化しておくと、
    高度なインテリセンスが利用可能となります。

    • IronPythonのインストール

      DOWNLOAD ⇒ IronPython本体インストーラー

      Downloadの「IronPython *.*.*(バージョン) Installer」をインストールしてください。

    • Visual StudioのPythonの有効化

      Visual Studioで「ファイル」→「新規作成」→「プロジェクト」でpythonを選択し、
      python系のプロジェクトを有効化してください。

    ダウンロード

    こちらは当サイトが提供するIronPythonModとなります。

    このファイルは、IronPythonを他言語から利用するにあたって必要なDLL群を「1つのDLLにまとめた」ものとなります。

    DOWNLOAD ⇒ IronPythonMod for .NET 4.0 ANYCPUファイル。
    └更新日 2016/02/07
    IronPythonModは合体DLLこのファイル1つがあれば、C#やC++/CLIやVB.net等からIronPythonが利用可能です。
    例えば、IronPython本体がインストールされていない環境でも、このIronPythonMod.dllだけあれば問題ありません。
  • 動作環境

    NET FrameWork 4.0以上